星の原 ミ☆




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
原点復帰。 :: 2008/11/02(Sun)

装置のことを言ってるじゃないよ
体重のことだ
いつの間にか元に戻った
こんな早くも3キロを落としたなんて・・・自分でもびっくり!
出張の効果抜群!(゜▽゜;)
いや、まぐれまぐれw

またマンガの感想だ
なんだか暇そうな週末に、マンガを読むのが一番さw
入江亜紀先生の作品三冊をまとめて拝読させていただいた↓
どれも短編小説のような、散文のような珠玉の短編集である
全篇に渡って、文学的な雰囲気が漂ってるところが特に印象的だった
素朴な絵柄でどこか懐かしさを感じると同時に
その魅力的なストーリーに惹かれてしまう
想像の空間をいっぱい残してくれた終わり方が、好き。
説明力が極端に欠けてるんで・・
一度読めばこの魅力がお分かりになるでしょう


・コダマの谷 王立大学騒乱劇
51TPCsHVu7L__SL500_AA240_.jpg
大学を舞台にした青春ドラマ!(王室の権力闘争との絡みが中心)
神秘的な雰囲気を持つ美人・ウーナがとても素敵です!
王子が落ちるのも理解できるw


・群青学舎 1巻
51n2BXYshhOL__SL500_AA240_.jpg
花と騎士」の続きが読みたい!!
これで終わるなんて勿体なさ過ぎる!
強情でコンプレックスを持ってる姫様と4人の従者の他のエピソード
ぜひ描いていただきたいー!
ピンク・チョコレート」と「白い火」は、どっちも女の子の色気にやられたw
フェロモンの出し方に感服(違)


・群青学舎 2巻
511g2jLOdiL__SL500_AA240_.jpg
壮大な連作「北の十剣」の気高く美しいお姫様・グゼニアが最高!
(先生が描いた女の子たちに惚れまくり・・・って男かよお前は!XD)
従兄のルーサーとの恋の行方は・・・
結局お互いから逃げられない運命の恋ってことw
それと「ピンク・チョコレート」の続編・・
媚薬無しだって既にお互いにメロメロじゃん!

以前、定期購入してた『ぱふ』で連載されていた「フクちゃん旅また旅」(『コダマの谷』に収録)は
初めて入江先生のマンガを読んだきっかけだった
デビューしたての新人の作品とはとても考えられなかったよね
群青学舎の3巻(台湾版)、いつ出してくれるのかなぁ~
スポンサーサイト
  1. マンガ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<磨けばダイヤになる | top | 比較しないのは美徳>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaien.blog11.fc2.com/tb.php/1000-58338f1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。