星の原 ミ☆




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
優しい気持ちできみと出逢いたい :: 2008/12/26(Fri)

円高の中で購入したコミックの感想(ぉぃ)
たかが2冊・・・?
いや、本当はもっといっぱい買いたかったけどよ!
もうすぐ自主失業パート2に突入するから
無駄な出費は減らさないと!



3月のライオン 2巻
07212415.jpg
羽海野先生はやっぱすごいよ
相変わらず心の奥まで滲み込んでくるんだ、言葉の一つ一つが・・
読んでると、なんかずっと一生懸命に押さえ込んだ寂しさが
一気に胸に込み上げてくる
零はやっと自分と向き合うことが出来た
生きるだけで精一杯だってこと、みんな一緒なんだから
周りには素敵な人ばかりで本当によかった(特に親友の二海堂くんw)
辛い思いがたくさんあったから
この暖かくて優しい気持ちの大切さが分かるだろう

読んだ後味がジーンとくる一冊です
早く零が幸せになってほしい・・


鋼の錬金術師 21巻
07213909.jpg
20巻は最終章の幕揚げで
全キャラと共に物語も一気に動き出した
今度はさらにスピードを上げて加速していくような
色々詰め込んでる一巻
感想を語るまでもない、ただ面白かったです
ついにエドがウィンリィの身長を超えた!
この日まで長かったな、エド!(涙)
ホント、ここまでキャラ全員が魅力的な作品ってそうそうないんだよね!
ちなみに今一番お気に入りなのは二代目グリードです!
リンと合体(?)してからさらに魅力アップ!!
で、ランファンに美味しいところを全部持て行かれたね・・w
おまけページ最高ですww

来年4月のアニメ新シリーズ超楽しみ!!
リンの声が誰がやるのかな♪ 


それと、最近また少しずつ前のペースを取り戻してる
何のこと、BL関連モノに触れる頻度だよ!XD


欲望センシビリティー / 楢崎壮太
31690223.jpg
これはね、ストーリーの内容よりも、主人公たちの職業の方が興味深い
何故なら、ひとつ前の本職だったからだ・・
そう、サービスセンターでオペレーターをやってたんだ(日本人のお客さん向け担当)
なんか懐かしいねー
と思いつつ、思わず見入っちゃった(゜ー゜;)
だけど、突っ込みたくなるとこがありすぎるせいで
ストーリーにあまり共感できなかった・・・
だってさ、急に体調を崩して休みを取ろうとしても
直接サービスセンターに電話を入れるのは、絶対禁止のはず!(つーかタブー)
オペレーターたちはお客さんのために待機してるから
少しでも多くお客さんの電話に出られるようにしてる
どこの会社でもそういうルールは絶対の鉄則だと思うよ
バイトとか関係なしに!

いや、それにしても
何をこんなに熱く語ってんだよ自分!(´Д`|||)
実は他にもまた突っ込みたいところがいっぱいある・・
たとえば、いくら理不尽なお客さんからのクレーム電話だとしても
上司が電話の途中で替わってくれることはまずない
必ず一旦切ってから、上司からお客さんに掛け直すという形でやるんだ!
他にも色々間違ってたりするとこが・・・
いちいち突っ込もうときりがないから、やめとこう!
まぁ、前の職場では良い声をしてる上司が確かにいた、リアルにね(笑)
しかも声優になってもらいたいくらいの!
ただ、私好みじゃないのはちょっと残念だった
好みだったら辞めなかったかもXD(既婚者だし←そこ重要)

この前、『誘惑のレシピ』を読んで、ドラマCD聴きたいなー
と思ったんだけど、すぐには手に入らなんで
この作者のほかの作品も読んでみたいし
先に読んじゃうか、つーか読んじゃった
結果はこれ、突っ込み満載の感想かよw
ん?作品自体の感想?
特にない・・みたい・・
じゃ、↑このだらだらと無駄に長い文章は何なんだ(爆死)


なんか最近マンガばかり読んでるふうに見えるんだけど
アニメとかラジオとかも普通に見てるし聞いてる(あとテレビ番組も)
ただネタにする気にならないだけ・・?
今年最後の『12人の優しい殺し屋 Side R』、最高だった!
杉田パワー、注~入~!!<(`∀´)>
スポンサーサイト
  1. マンガ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<目の前の事実を受け入れず | top | 胸キュンがとまらない!>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaien.blog11.fc2.com/tb.php/1022-592c9404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。