星の原 ミ☆




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
遠く導いて星は巡る :: 2009/03/13(Fri)

ちょこっとアニメ感想をw

続・夏目友人帳 第1~8話》
ようやく1期を補完し、今は2期の8話まで追いついたw
意外なのは、2期は作画とか全部レベルアップしたことだ!
そこまでのハイクオリティとは・・ホント嬉しい限りだ♪
特に取り上げたいのは、ニャンコ先生のこと!
1期のときよりもずっと可愛くなってるじゃん!!
見てるだけで心が和むわ
なんという恐ろべし癒しパワー・・・!
この愛らしさは反則です!犯罪です!
ぜひ家に一匹ほしいですううううううううう!(落ち着け)
今マスコットキャラの人気投票を行ったら
絶対1位間違いなし!って断言できるんだよ私は!!
そのニャンコ先生の可愛さと魅力を最大限に引き出してくれた井上さん・・
マジ凄すぎる!尊敬してます!XDD
つーか助演男優受賞は当たり前だよ!(ベダ褒めXD)
(杉田さんのレイヴンも萌えのある意味で受賞が当たり前だけどねw)
飼い主とペット(誤)が一緒に賞を取たなんて
前代未聞だろー!www
滅多にないおめでたいことなんだよね♫

んで、1期より面白くなってきたね、内容が
むしろこれはより原作に忠実にした結果かなぁ?
OPとEDもとても気に入ってるし
毎回のゲストキャラ(の中の人)も凄く楽しみ!
いっそ3期もやってくれたらいいなー


鉄腕バーディーDECODE:02 第9話 Space,Time,and You》
1話から立てたナタルの死亡フラグがついに・・・!!
目から血が出てきたとか怖すぎる
ここまできてやっとバーディーに自分の気持ちを伝えたのに
死んじゃ嫌だああああ!(´Д⊂
同じオリジナルキャラのくせに、小夜香はあまり好きじゃなかったけど(てか好きになれない?)
ナタルは大好きなんだよ!!! 
バーディーのバカーっ!!(なんという八つ当たり)
それと、今になって初めて気づいたんだけど・・
1期も2期もサブタイトルは全部(?)歌のタイトルってこと!
そういや、確かに『エウレカ』もそうだったよね
しかも同じく内容にマッチングしていて凄くない?
これって、真似事?w
それでも抜群のセンスに脱帽!

余談ですが、7話の作画についてニコx2ですげー論争になってたな・・
神作画かどうかはひとそれぞれの見方があるだろうけど
誰が何を言いようが、私はそれを神作画と認定する!!!
反論は許さん!!(何様だおまえ)
演出と崩壊の区別もつかない奴は言語道断だー!ヽ(`Д´#)ノ

ちなみに、ダブルオーは多分もうこのまま最終回までノーコメントだと思う(=_=||)


以下はクラナド2期最終回についての独断的な感想
贔屓の方はご回避ください。




クラナド アフターストーリー 第22話 小さな手のひら》
一応感動的なハッピーエンディングって感じでまとめてはくれたんだが・・・
自分には少し微妙に違和感があった
何って言うか、都合が良すぎる?
みんな(?)が「クラナドは人生」とか言うんだけど
ホントは、クラナドは理想の人生って言った方が正しいじゃない?と私は思う
あるいは、ヲタの望んだ人生と言うべき?
正直、現実逃避になりがちな人間に甘い作品って感じがしてしょうがなかった
もっとよく言えば、人生の希望と夢を与える終わり方を選んでくれた・・かなぁ
私としてはむしろあの悲惨な出来事は全部事実にあってほしかった
残酷ながらも朋也にちゃんとこの現実と向き合ってほしかった
受け入れた上で渚と出会えってよかったと思ってほしかった
そしてたとえ彼がそう思ったとしても
時間をあの瞬間まで巻き戻さないでほしい
なぜなら、今までの苦しさと辛さがあってこそ、すべてがこんなにも大切で美しく思えるからだ
現実の人生はやり直すことなどできやしねぇよ・・!

そもそもアニメキャラにそこまで求めるのは無理なのか?
そうりゃそうだよなー
ついこんなこと考えちゃうのはただの批判くせ?
それから、この3人家族は幸せな日々を送っていく、みたいな結末は
どうしても嘘っぽくていまいちリアリティを感じないもんでね
・・なんか単純に楽しめない自分が悲しく思えてきた(゜ー゜;)
でもこの作品でのN村さんの演技はすげー良かったよ!
素晴らしい熱演でした!w
もしかして例の話で杉田さんも泣いちゃったりして・・・?

ただ、さすが京アニだなぁって何度も感心したの!
あまりにも綺麗な景色がたくさん流れていって
まるで幻のようにいつでも消えちゃいそうだった
そのワンシーンワンシーンに力を入れてんだなーって
思わずため息が出た
だけど・・・
こういうのより(一応萌え系?)早く『フルメタル・パニック』の続編をやってくれないのかなー
マジ才能の無駄使いんだから!
しかし残念なことに、4月の春番の情報によると・・
やっぱり萌え系かよ?!!Orz

これで終わったかと思いきや
来週はなんと、番外編!?
なんか余計な蛇足だなって思うのは・・私だけ?(゜▽゜;)

結局全然ちょこっとなんかじゃなかったじゃん!
サーセン!!!(死語)
スポンサーサイト
  1. アニメ
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
<<魂が燃え尽きるまで | top | 真実は鼓動が教えてる>>


comment

No title

關於第7話的作画是演出還是崩壊,在2ch上也是一樣争論得超級熱烈XDD
老實説我還覺得蠻不可思議的:如此明顯的演出意圖,那些人居然看不出來!?

説到毎集的標題都是歌名,我第一個想到的就是超經典的“Cowboy Bebop”!
總覺得現在很難再見到像“Cowboy Bebop”那樣令人感覺耳目一新的TV動畫了呀……

ナタル實在是看得我好揪心(涙)
而且從ナタル身上我也再次深刻認識到啥叫“愛他就要虐他”(爆)
悲劇結局是肯定的,就等着到時号泣一把了(喂)

PS:你有沒有去看過バーディー的STAFF BLOG?
http://playlog.jp/birdy/blog/
3月8日和3月2日那兩篇笑噴我了——STAFF好邪惡呀哈哈XD
  1. 2009/03/15(Sun) 20:53:00 |
  2. URL |
  3. 蟋蟀 #hDkSE0x6
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/03/15(Sun) 21:19:05 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

No title

>バーディー作画
赤根監督的動畫時常有這種驚人的演出
只是一般觀眾對作畫要求的標準大多還是比較重視人物的美型度吧(對動感的標準倒是很低)
但是我是認為動畫就是要360度全方位的動才叫動畫!
然而正每個人的觀點跟接受度有落差
所以才有會有各種類型的動畫作品的產生嘛....
這就叫青菜蘿蔔各有所好
其實這真的沒什麼好吵的啊(゜ー゜;)

>Cowboy Bebop
這個確實是超經典的啊~尤其是BGM
但我還沒能抽出時間好好將整部完整看完就是XD

>ナタル實在是看得我好揪心(涙)
我也是啊!!!!
剛看了第10話,一整個就是於心不忍到一個極點(つд・)
是說他每次開殺戒時的畫面還真是一個比一個還驚悚....
一想到只剩3話了就......有種在幫他倒數的感覺(哭)

Staff的blog我去看了!
真的是超腐的這些人!XDD
タラシ是怎樣!還有證據咧XDDDD
這群製作群真的是一群瘋子吧?
每集結尾時的廠商提供的地方都讓我大爆笑
現在都會一邊看一邊猜畫是那個畫面說(不過怎麼也猜不中)
選畫面的sence真是超群呀!XD

>フェロ☆メン
エロティック貴族是什麼鬼呀!?
鳥ちゃん的特寫害我整個狂笑不止!XDDD
想嚇死人也不是這樣的吧XD
究竟是怎樣的心境變化啊....
相對之下部桑的衝擊性就沒那個麼大了XD
越來越期待究竟會是怎樣的エロい歌了!(゜∀゜)
感謝蟋蟀ちゃん的愛心分享呀(^ー^)
  1. 2009/03/17(Tue) 00:51:53 |
  2. URL |
  3. 松笛 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaien.blog11.fc2.com/tb.php/1060-8ae37488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。