星の原 ミ☆




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
純粋なほど美しい :: 2009/03/26(Thu)

昨夜寝る前にこれ↓を聞いたら、眠れない羽目に・・Orz
あまりにも切なさすぎて胸が締め付けられっぱなしだったよ!
つーか長くてめっちゃ辛かった・・一体何の罰ゲームだよこれ!



2526l.jpg
【 キャスト 】
寛末基文:杉田智和x松岡洋介:鈴木達央
福田健史:岸尾だいすけ
葉山玲子:早水リサ
部長:飛田展男
藤本眞子:高本めぐみ

キャストを知ったときから、これは聞かなきゃ!て思って聞いてみると
想像を絶する内容でした!
ある意味、マジ凄いことになってる!
BLというより、素晴らしい人間ドラマなんだ
なぜなら、BL的な要素があまり入ってないし
主人公たちの気持ちの変化(っていうか人間の心)を物凄く丁寧に描かれてるから
一般のドラマCDとして聞いても全然問題ないと思う
続ちゃんありがとう

前半は本当のことが言えないまま
松岡は葉子としてと寛末の距離が少しずつ近づいてきた
真実を告白できない、心が苦しい状態で・・
最初は抵抗を感じつつも、こんなに思われてるのはやはり心地良いし
寛末は心が優しくて良い人って知れば知るほど本当のことを言いづらくなっていく
その複雑な心境を持ちながら、知らないうちに彼に引き寄せてしまった
心の中で自分に(そして相手にも)何度も何度も「俺は女じゃない」って言い聞かせても
その気持ちを止めることはできなくて
そして漸くどうして自分はずっとこの嘘をつき続ける理由を思い知った

後半に入って切なさ度が一気に急上昇!
寛末の話を信じて本当の姿で彼の前に現れたものの
現実は残酷なもので、簡単に松岡の望みを裏切った
ここからはもう松岡のモノローグが途轍もなく痛々しくて聞いてられなかった
聞いてる方だってこんなに胸が苦しくなるから
演じる本人はきっとこれの倍以上に苦しかったに違いない
たっつんの気持ちの入った熱演は本当に素晴らしかった!
もはや演技じゃないくらいだ・・・ちょっと見直したっていうかw
ある意味、松岡もめっちゃ良い人なんだよねー
杉田さんもお人よしで不器用な寛末をよく演じてくれた(優柔不断でもあるけど)
案外こういうキャラ似合うんだよねw
(現実では一番嫌いなタイプなんだけど!男ならグズグズすんなー!
岸尾さんの福田もいいキャスティング、つーかGJ
マジで嫌な男だよね!(笑
松岡は男だってことを知った途端に態度が180%変わった寛末はムカツクけど
そこが余計にリアルに感じるんだ
綺麗事は誰だって言える
けれど、いざというときになると現実は容赦なく目の前に突きつけられてくる
もととも寛末はノンゲイだから、自分の気持ちに戸惑ってしまうのは無理もない
むしろBLの世界だとここは簡単に受け入れる、というありがちなパターンに流される
故に松岡のその真剣に相手の思いを真正面に向き合おうとしてる姿勢が
物凄く印象的で好きだった
しかも私は松岡と同じく、はっきり物を言うタイプなんで
彼の気持ちが手に取るほど分かるし、凄く共感ができた(マジでもう勘弁してほしいって感じ(゜▽゜;))
でももし自分が松岡なら、きっと寛末が事実を知って態度が急変した時点で
寛末とのことをきっぱり諦めて彼の前から消えることを選ぶだろうね
無理やり相手に自分の思いを押し付けたくないと言えば聞こえはいいが
本当はただ諦めやすい、執着がないだけなのかなぁ・・

恋って決して美しいことばかりじゃない
人を傷つけず、誰も傷つかずに済む恋なんてこの世には存在しない、
ということを痛いというほど証明しようとしてるストーリーなんだ
聞いていて楽しい物語じゃないし、聞いた後の気持ちも穏やかとは言えないけど
聴き応えがたっぷりあって、個人的にはかなり気に入った作品である
愛の本質について深く考えさせられたね・・
しかし、こんなところで終わっちゃったなんて酷すぎるわ!
続きが超気になるじゃん・・!!
こんな気持ちのままは辛いよ!早く続編が聴きたいー!ヽ(`Д´)ノ
原作が読みたくなってきたんだけど、今はまだそんな勇気がないなー
葉子と寛末の交際内容が結構カットされたと聞いて・・松岡の罪深さを目にするのが怖いもんXD
けど、日高ショーコ先生のイラストがとても素敵で好きだからやっぱ読んでみたいかもw

フリートーク、仲良しのおふたりが楽しそうな会話をw
たっつんの話によると、やっぱ台本は恐ろしいほどの厚さだったのね
演じる人間としても早く松岡が幸せになってほしいって
切実な希望なんだよねww
それと、杉田さんにもっと喋ってほしかったなー(完全にたっつんが仕切ってるじゃんXD)
相変わらず作品の余韻を台無しにする発言連発してくれたけど(笑
お二人ともお疲れさまでした!!
スポンサーサイト
  1. ドラマCD
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<全力で観光しましよう! | top | 魔法のうたを聴かせて>>


comment

這部ドラマCD我一直想著該下來聽聽,但總是沒有鼓起足夠的熱情去下,
不過松笛ちゃん的盛讚又令我有聽的熱情了XD

是説之前キャスト情報剛出來的時候,一些BBS上爭論得異常激烈,
出於好奇我就去找了原作來看。因爲見BBS上有那麼多人在“批判”寛末,
而且對杉田出演寛末非常不認同,害我開始還以爲寛末是多爛的人(笑)。
但是在看的過程中卻意外發現,其實寛末是整個故事中我最能理解的角色哎!(爆)
倒是松岡,常常令我感到很不可思議,竟然可以對寛末執著到這種程度,
把自己置於那麼脆弱的位置,真是情癡中的情癡XD
我覺得小説中把寛末的心理掙扎和變化刻畫得非常真實可信,
不過後來續篇中他們倆真的lovelove以後卻反倒讓我感到不可信了(炸飛)
嘛,畢竟是BL小説,終歸是必須要發展到那一歩吧XDD
  1. 2009/04/01(Wed) 17:04:40 |
  2. URL |
  3. 蟋蟀 #hDkSE0x6
  4. [ 編集 ]

蟋蟀ちゃん,沒想到妳看我的感想看的這麼用心
and回的這麼認真....我好感動啊!!(つд・)

先看過原作的話,多少都會有點先入為主的感覺
就更何況是原作迷的話就更不用講啦!
我完全可以體會不由自主地去批判CAST的心情
因此雖然好像不少人都聽過這片之後跑去看原作了呢...
但我還是決定要忍到第2枚出XD(基本上也沒時間看啦Orz)

其實兩方的想法&心情我都能瞭解也能接受
只是因為第一彈是以松岡的視點為出發點
多少還是比較容易選邊站嘛...
下次換成末視點的話可能感受又不一樣了??
倒是我跟妳一樣,完全無法理解松岡癡情到那種地步的原因何在XDD
  1. 2009/04/05(Sun) 23:46:32 |
  2. URL |
  3. 松笛 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaien.blog11.fc2.com/tb.php/1069-641dc76b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。