星の原 ミ☆




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
猫を被るのは得意技? :: 2008/08/12(Tue)

まさか「○○の性格は穏やかでいいですね」って褒められた!∑( ̄□ ̄;)
上司に・・・!
しかも「君に見習わないとね」まで言われて!!! 

実は、ただ猫を被ってることがまだばれてないだけなんで
内心は苦笑い(゜▽゜;)
そりゃ入社したばかりで、いきなり凶暴な性格を出すわけないだろう!(ぇ)
いつまで被り続けるのかなぁ・・

仕事に追い駆けられる毎日だけど
肝心な休みを無事に取れた!
今月の15日(金)をゲッツ!!
これで安心して骸様(の中の人)に会いに行けるんだ
また続ちゃんんちにお邪魔するよ(図々しく)


実家に戻ってからマンガをやたら読む
んで、また一つの感動作を発見!
実はWikiで『君に届け』は
第32回講談社漫画賞少女部門を受賞したってことを知った時に
前回の受賞作はどんなマンガなのかなと思って・・・
第31回の受賞作品はこの『IS』です↓
340549-1.gif
タイトルを見るとなんか興味が湧いてきたので
とりあえず読んでみたら、一気に9巻まで進んだ(台湾版は9巻以降はまた発売されてないから)
感動、の一言です。
本当に素晴らしい作品なんで、ぜほもっと多くの人に読んでほしいです!

タイトルのISとはインターセクシュアル (intersexual) の略である。(以下略、爆死)
これはとてもシリアスで難しいテーマで
悪くするとただの鬱まんがになりかねない
しかも六花先生の絵柄は、お世辞でも綺麗とは言えないし(ぶっちゃけすぎ)
それでもこの私たちが一生理解できない苦しさを背負う人たちのことを
こんなにもますっぐ、そして優しく伝えてくれた
見慣れていくと物語とマッチしていて好きになった
もともとこの世界は違いでてきているのに
なぜか群体生活に慣れた人間は違いが目立つ人を差別の目で見てしまう
それはただ理解が足りないだけだという
けど、他人の苦しみを理解しようとする人間は思ったよりずっと少なくて
いつしか人は違いを受け入れる柔らかい心を失ってた
何が普通?何が普通じゃない?
普通の境界線って何ですが・・・?
そもそも完璧な人間は存在しないし
この世界にはもっと色んな可能性があるはず!
(もはや何書いてるかも分からない状態、やはり難しい話無理だわOrz)

2巻からの≪春編≫がメインの話で
主人公の春の一生懸命に生きる姿がとても輝いてて好きなんだ!
強そうに見えて、本当は内心は誰よりも不安で辛くて傷つきやすい
ずっと春を支えてる家族がいるから
春はくじけても頑張り続けるし
そしていつも身近な人達を優しく包んであげられる
伊吹くんを好きになって、彼が誰よりも大事な存在になったことが
逆に春を追い込んでしまう
諦めようともしたが、いっぱい悩んだ末に
二人はお互いを思う気持ちで支え合い、励まし合うことにした
物凄く素敵な恋で、愛を感じます
ってそういう綺麗事ばかり描いてるじゃないとこがリアルで
切なさを倍増さる
好きになるほど触れ合いたい気持ちも強くなる一方
この気持ちがさらに二人を苦しめる・・・
周りの人もそれぞれの悩みと思いで精一杯生きてて
読んでいると胸がいっぱいいっぱいになる

好きは性別と関係ないって今普通によく聞く言葉なんだけど
じゃ、性別すらない、男女のどっちでもない場合は?
正直、これまで考えたこともない
今から、考えてみる
多分子供を生むことはないと思うが
子供を生むなら、ただ一つの願いは健康であること

この作品を読んで色々と勉強になったけれども
これで自分は絶対差別とかしない、とも言い切れない
出来る限りに理解し、受け入れるようにして行きたいと思う
頑張ろう!
誰もが完璧な人間じゃないから。
スポンサーサイト
  1. マンガ
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
<<パイナップル コンディション | top | 流れ弾注意報>>


comment

一起睡吧ˇ

我家隨時歡迎妳來呀 =w=/
不過很亂就是了........ ←為了不讓妳看到我房間的慘狀,我會努力整理<炸>
  1. 2008/08/14(Thu) 03:13:28 |
  2. URL |
  3. 續 #Pe0og0Jg
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaien.blog11.fc2.com/tb.php/879-e8729617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。